メンズエステ用語集

鼠径部(ソケイブ)

メンズエステで言う鼠径部とは一体何!?どこの部位を指すの!?
そして鼠径部のマッサージにはどんな効果があるの!?

今回はメンズエステに欠かせない『鼠径部』について詳しく解説していきます。

鼠径部とは?

左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。股間を構成する主要部分の1つである。この部分の下方には鼠蹊靭帯(鼡径靭帯)があり、その下を下肢へと向かう動脈・静脈・リンパ管・神経などが走っている。 鼠蹊靭帯、長内転筋、縫工筋にかこまれた部位を「スカルパの三角(大腿三角)」と呼ぶ。 鼠蹊靭帯の内側には並行するように鼠蹊管(鼡径管)が腹壁の筋肉を貫くように走っている。これは男性が誕生する直前に精巣が腹腔から陰嚢へ移動する際に通るルート(蹊路/径路)となる。ちなみに「鼠蹊部/鼡径部」という名称は精巣の移動を鼠のそれになぞらえたところに由来している。誕生後の鼠蹊管は男性の場合は精索が、女性の場合には子宮円索を通すのみで閉鎖される。

ウィキペディアでは上記で記載されています。

が!少し難しくて正直良くわからないですよね。

すごくわかりやすくまとめると…

男性がクネクネ・モゾモゾするくらい気持ちの良い箇所です!

こんな感じになります(笑)

メンズエステではこの鼠径部を色々な体勢やアプローチでリンパを流していきます。
このリンパの溜まりやすい部分が足の付根(コマネチ)部分、つまり鼠径部になるんですね。

例えば…自分で自分の鼠径部を優し〜く触ってあげて下さい。
これだけで気持ちの良いはずです(笑)

この気持ちよさを他人の手で流される快感は容易に想像がつきますよね?

メンズエステはこの鼠径部のマッサージをきっちり施術するからこそ価値があり、その価値が通常のマッサージ店よりも少し割高の料金設定の理由になっています。そう考えれば納得できますよね。

そんな気持ちの良い鼠径部をどうやってマッサージするの?どんな体勢でマッサージするの?
次はここの部分を解説していきたいと思います。

鼠径部マッサージの種類

カエル足(蛙足)

通常この体勢はうつ伏せの状態で行われることがほとんどになります。
うつ伏せで片方の足だけをくの字に曲げる姿勢。なんとなく想像がつきますか?
 
片足をくの字に曲げることで生まれる秘密の空間に女性セラピストの両手が交差します。

下から、上から、絶え間なく注がれる愛の手。

メンズエステで味わえる鼠径部の中で一番王道になります。

四つん這い

これは言葉の通りイメージ湧きますよね?
お客様である男性が子鹿の様な四つん這いになり後ろから女性セラピストが鼠径部をマッサージします。

この体勢の素晴らしいところは左右両方の鼠径部を一度にマッサージしてもらえること。

そして背後からマッサージされることで感じる背徳感もマッサージの気持ちよさに拍車をかけます。

長時間この体勢はきついじゃないの?そんな声が聞こえてきそうですが、気持ちよさが勝りそんな気持ちは一瞬にして消え去ります。

横向き

こちらの施術方法も読んで字の如く男性が横向きになり、片方の足をくの字に曲げた状態です。

カエル足鼠径部と同等の体勢になりますが、横向きのほうが鼠径部の空間が狭くなり密着度が増す素晴らしい体勢です。

この横向きはセラピスト、お店によってのあるなしが別れる少しだけ特別な施術です。

「横向きになって下さい」

と言われたら、心のなかでガッツポーズをしましょう!

仰向け鼠径部

仰向けの鼠径部と一言で言っても体勢は様々あります。

通常はうつ伏せでの体勢が多い鼠径部マッサージですが、仰向けの鼠径部も駆らずと言っていいほどメンズエステで受けることが可能です。
と言うよりは、メンズエステのメインディッシュとも呼べるクライマックスの瞬間ですね(^^)

両足を伸ばした状態で足の間を女性セラピストが陣取り、両手を使用して左右の鼠径部を上から、そして下から、そしてこ交差しながらマッサージを進めていきます。

女性セラピストの位置は足の間の場合もあれば、左右のポジンションに来たり、こちらに背中を向ける体勢で施術したり様々です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メンズエステの醍醐味とも言える鼠径部マッサージ。

今回はそんな感じで締めくくりたいと思います。

メンズエステのメッカ大阪、名古屋でこの鼠径部マッサージを全部味わうなら、オススメのメンズエステがあります。

要チェックですね。

詳細ページ